宝くじ攻略

ビンゴ5宝くじは当選確率70%で2等を狙うイチかゼロの当て方

ビンゴ5は数字選択式宝くじです。

前回の数字をみれば、次回の数字を予想し当てる事ができます。

最低1ラインすれば200円。

多くて6ライン。

今回は当選確率70%超えを狙える予想法ですが、うまくいけば2等も夢ではありません。
(8ラインは難しそうなので、6ライン当選が限界と感じました)

イチかゼロで当選確率70%で2等を狙えるの?

前回の当選番号から+1か-1、0で何も足さないのか?(同じ数字)

同じ数字というのは数字選択式だからか何回も現れます。

ビンゴ5は前回の当選番号と同じ数字が次回に出現しますが、多くて4回です。
(1回の当選で前回からの4つの同じ数字が出現されるという意味)

イチは仮に前回の当選番号で18になってたら+1で19が来ると予想。
28だったら-1です。

とっても簡単ですよね?

どの数字にイチかゼロとするのか?

ここが問題です。

ビンゴ5は最低1ラインで対角なら2つだけで右側だけ数字を当てるなら3つも予想しなければなりません。

どっちみち+1か-1だけを狙っても2択、0も入れるなら3択という事になります。

ただし、例外もあるのです。

ビンゴ5は数字が一定の数より増える事はありません。

「1~5」「6~10」「11~15」

「16~20」     「21~25」

「26~30」「31~35」「36~40」

ビンゴ5は、それぞれの枠に決まった数字を入れる事ができます。

前回の当選番号で5だった場合、左上に6が入る事はありません。

つまり+1にはならず、-1を入れるという事です。

ただ同じ数字を入れる場合もあります。

この同じ数字も予想の仕方があり、2回、3回と同じ枠で同じ数字が出現されにくいという事です。

これだけの情報であればビンゴ5の当選確率70%とは言えにくいので、実際に過去の当選番号から「どの数字からイチかゼロで変化していったのか調べてみます。」

前回の当選番号からイチの変化でビンゴ5は当たるよ?

それでは2020年の2月19日を見ていきましょう。

2月19日のビンゴ5を予想するには、その前の週である2月12日の当選番号を見ておく必要があります。

2020年2月12日

05 10 13

17      23

30 31 36

これら8枠の数字から+1か-1、もしくは0と考えて同じ数字を入れるかです。

どれにしようか迷いますね…。

しかし、先ほど説明しましたがビンゴ5の数字は一定の数より増える事はありません。

2020年2月12日のビンゴ5当選番号で考えてみます。

+1できないもの

05、10、30

-1できないもの

31、36

5つの数字は+1と-1は出来ない事がわかりました。

言い換えれば次のようになります。

次回の当選番号は-1か同じ数字で予想

05→04か05

10→09か10

30→29か30

次回の当選番号は+1か同じ数字で予想

31→32か31

36→37か36

これで10個の数字パターンが出来上がりました。

でも残り3つの枠があり+1か-1、もしくは同じ数字で考えなければいけません。

13→14か11か13

17→18か16か17

23→24か22か23

9パターンの数字になりましたね。

数字が多く、ややこしい…どうすれば?とビンゴ5の予想をあきらめてしまいそうです。

ある方法で次回は+1か-1、どちらがくるか分かりやすくなります。

前々回の当選番号は+1か-1、どちらがきていたの?

行ってしまえば連続で-1は続きにくいです。

必ず続かないワケではありません。

当選番号も-の次は+、その次は-がくる確率がほんの少し高いという事です。

「1~5」「6~10」「11~15」

「16~20」     「21~25」

「26~30」「31~35」「36~40」

先ほどの8枠に入れる事のできる数字に注目します。

1つの枠「1~5」で、たまたま当選番号が3の場合。

次回は4かもしれませんが、その次は5がきにくいという事です。

かといって-1か+1、どちらかのパターンでが連続で来るわけではありません。
(連続で+がくる場合もあります。)

たまに-1が連続2回の時もあります。(実際は-1の次は+3で次回は-3で数字の大きさはバラバラです)

しかし-が連続2回でくるといっても、実際そこまでうまくいくでしょうか?

実際の当選番号で2020年の1月15日までの2月12日、それぞれの枠で考えてみます。

1月15日

02 08 14

17   23

28 33 36

次回1月22日に+か-で、きていたか?

+3 -1 +1

-1   +2

-1 +2 0

1月22日

05 07 15

16   25

27 35 36

-1 +2 -1

+4    -1

 0  0  +3 

次回1月29日に+か-で、きていたか?

1月29日

04 09 14

20   24

27 35 39

-2 +1 0

-3   +1

+1 -2 -1

次回2月5日に+か-で、きていたか?

2月5日

02 10 14

17   25

28 33 38

+3 0 -1

0    -2

+2 -2 -2

次回2月12日に+か-で、きていたか?

2月12日

05 10 13

17   23

30 31 36

ビンゴ5の直前4回までを見ても+と-は必ずしも交互とは限りません。

しかし2月5日から2月12日まで-の部分には次回は+1、+の部分には次回は-1を入れてみるのもいいでしょう。

また1口で予想するというよりかは、5口ぐらいは購入するのがオススメです。

先ほどの分からない数字は以下でした。

13→14か11か13

17→18か16か17

23→24か22か23

これらの数字は前回、もしくは前々回から+か-で続いてるかで判断します。

2月5日[14]から2月12日[13]にかけて-1

2月5日[17]から2月12日[17]にかけて0なので、その前は1月29日[20]は-3

2月5日[25]から2月12日[23]にかけて-2

-の場合は+1で、-だったら+1を入れてみましょう。 
(0も入れてみます)

実際に過去の当選番号で予想してみた。

2月12日

05 10 13

17   23

30 31 36

05→-1か0で、4か5
(05から+になる事はない)

10→-1か0で、9か10
(10から+になる事はない)

13→+1か0で、14か13
(-1がくる可能性もある)

17→+1か0で、18か17
(-1がくる可能性もある)

23→+1か0で、24か23
(-1がくる可能性もある)

30→-1か0で、29か30
(30から+になる事はない)

31→+1か0で、32か31
(31から-1になる事はない)

36→+1か0で、37か36
(36から-1になる事はない)

ビンゴ5は枠の数字が決まってるため、5枠(05、10、30、31、36)だけ2択になる事を考えれば、すごい楽ですよね。

残り3枠は前回、もしくは前々回の当選番号から-か+か見て次回を予想する必要があります。 
(0で同じ数字がくる可能性も…)

それでは実際に2月12日と2月19日の当選番号を見比べてみましょう。

2月12日

05 10 13

17    23

30 31 36

2月19日

05 09 14

16    23 

29 33 37

ビンゴ5は、たまたまではありますが+1か-1か0が多くなります。

2月12日の31だけ+2でした。

そして0の同じ数字は05と23です。

前回の2月5日から2月12日にかけて(05と23の、その枠では)同じ数字ではなかったので、もしかしたら同じ数字がくるかも?と予想する事はできましたね。

ビンゴ5は同じ数字が4つほどくるときがありますが、1つか2つ入れておくのがちょうどいいです。

2月19日の+1か-1、そして0はいくつだったのか?

 0 -1 +1

-1     0

-1 +2 +1

これも予想しやすかったですがビンゴ5は+1、-1、0が多く出るときがあります。

まとめ

ビンゴ5は8枠あり1つの枠は1/5になっています。
そう考え+1か-1、もじくは0で同じ数字がくるかを考えれば予想しやすいです。

一度、紙に前回の当選番号から数字の変化を見ておくことで2等までなら当てる事ができます。

もちろん5口ぐらいは購入し、なるべく多くの数字パターンを入れておくのがオススメ。
(もっと多くの口数を購入したほうが当選されやすい)

ちなみにビンゴ5の2等は約1/24,414の確率で当選金額は300,000円(理論値)です。