宝くじコラム

なぜ?当選金額の少ないスクラッチ…逆に3,000万は多すぎるよね

スクラッチを削るのって楽しいですよね!

スクラッチの削りカスだらけになりながらも一心不乱に削って絵柄が揃った時の喜びは大きいものです。

でもなんでスクラッチって当選金額が少ないものが多いのでしょう。

たまに3,000万円なんて凄いのがあるのに少額のスクラッチが多すぎますよね…。

ユメ
ユメ
スクラッチの謎に迫ります!

なぜスクラッチは当選金額が少ないの?

最近押せ押せのスクラッチですが、多い時には5種類も同時に販売する場合があり、売る側が混乱するような発売の仕方をしていたりします。

しかしスクラッチはジャンボに比べて当選金額が少ないのです。

ドリ
ドリ
スクラッチを削っていて1等高額当選したら狂喜乱舞するんだけど、なんか盛り上がれる程、当選金額が高くはないんだよね…。

そうなんです。

スクラッチは狂喜乱舞できるほどの当選金額が当たらないのです。

ユメ
ユメ
でも逆に考えてみてください。

長いくじで1等前後賞合わせて1,500万円を狙っても当選本数はせいぜい2本程度です。

それならばその場で分かるスクラッチで少額でもたくさんの1等が当たる方が楽しめますよね。

ドリ
ドリ
それもそうだね。

たった1、2本の高額当選よりたくさん当たりが入っていた方が嬉しいかもね。

しかも当選金額が下がれば下がるほど当たりの本数が増えていくので、当たった時の喜びも増えます。

それと目指すは1等!スクラッチの当たりやすい買い方は知識で当選させるでも当選金額が低いって事は当たりやすいのです。

しかしスクラッチの中でも500万円と割りと高額なものもあります。

それでも10本以上当たりが入っているのでジャンボ宝くじよりも割りがよいのです。

スクラッチの当選金額が少ないのは多くの人に夢を与える為のものなのです。

これなら少額でも許せますね。

全然話しは変わりますが、販売員からのお願いで、最近ではアニメとコラボレーションしていてどのキャラクターか把握しきれていません…。

ユメ
ユメ
販売員泣かせです。

間違わないためにも、できたら「1等◯◯万円のスクラッチください」って言ってくださいね。

しかし3,000万のスクラッチって当選金額が多すぎやしない?

年に数回発売される大判スクラッチ1枚300円ですが、この当選金額が度肝を抜く金額なのです。

通常スクラッチは200円で当選金額が多くても777万円が最高金額だったと思います。

1枚300円なので買い渋る人も多いですが、それ以外にも理由があり1等当選金額が3,000万円とあまりにも高すぎて夢を見ることができないのです。

当然中には3,000万円当たっている人もいるのですが全国で2人です。

ユメ
ユメ
確率は1/2,000,000ですよ!

ジャンボ宝くじに比べたって確率はあまり良くないですし、300円あったらジャンボ宝くじに夢を託した方が賢明なのではないでしょうか?

ドリ
ドリ
そうだよね…ジャンボの方が億万長者狙えるから3,000万円のスクラッチを買うんだったらジャンボ買っちゃうよ!

ユメ
ユメ
私もそうしちゃいます(笑)

3,000万円が当たるかもしれない300円スクラッチは2等の100万円だって40本しか入っていません。

ドリ
ドリ
確率は1/100,000…。

これは厳しい…。

これなら300円スクラッチなんて止めてしまい、200円の他のスクラッチに3,000万円分の当選金額を振り分けた方がもっと1等が当たる人が出てスクラッチフィーバーでも起こりそうなものです。

当選金額は少ないけれどもスクラッチ好きにはたまらない発売日!

等級等当せん金本数
1等100,000円1,800本
2等10,000円2,100本
3等5,000円50,010本
4等1,000円75,000本
5等200円750,000本

ちびまる子ちゃんスクラッチの全国ですが、1等10万円と本数も1,800本となっていて 1枚200円で購入する事ができます。

はっきり言って発売日にはスクラッチが飛ぶように売れていきます。

それだけスクラッチが好きなファンが多いということでしょう。

等級等当せん金本数
1等30,000,000円7本
2等300,000円21本
3等30,000円210本
4等3,000円2,800本
5等1,000円35,000本
6等300円700,000本

ドリ
ドリ
7本はきついなぁ…

やっぱりあまり売れないのが300円の大判スクラッチです。

なにぶん、当たらない・高い・夢が見れないの三重苦で売るのに苦戦します。

発売日に売れていく順番としては100万円単位、10万円単位、3,000万円の順番です。

ドリ
ドリ
だって当選金額が少額の方が当たりやすいってみんな知っていることだよ。

少額の当選金額のスクラッチの方は、10枚単位で売れて行きますが、3,000万円の大判スクラッチは運試し程度に1枚買ってくれることが多いのです。

ドリ
ドリ
それこそ1枚で3,000万円当選したら3日間は眠れそうにないね!

しかし運試し程度の3,000万円のスクラッチにも、少しは良いところがあって、10枚の中に2枚は末等が入っていることもあります。

2割り引き(2,400円)で買ったと思えば、3,000万円の夢を捨てなくてもよいかもしれませんね。

でも2割り引きとは言え1等本数は2本ですから大量買いには気をつけてください。

まとめ

スクラッチの当選金額は少なすぎる!と思いきや突然3,000万円なんてびっくりするような金額のスクラッチも発売されます。

個人的な意見ですが、3,000万円のスクラッチは人気が薄いので、たった2人に当てるのではなく、分配して当たる本数を増やしてほしいものですね。