確率アップ

バレンタインジャンボ宝くじ『ジャンボとミニ』はどっちが当たる?

将来的にはバレンタインに、チョコじゃなくてバレンタインジャンボを配るのが習慣にならないかとひそかに思っている宝くじ販売員です。

しかしプレゼントするにはぜひ大きく当選してほしい!(自分も)

実際のところバレンタインジャンボとミニはどっちが当たるのでしょうか?

ユメ
ユメ
当選確率など見ていきましょう!

大きく狙うならバレンタインジャンボ!

やっぱり夢は大きく億万長者ですよね。

チョコの代わりにあげたバレンタインジャンボだって大きく当選してほしいものです。

ドリ
ドリ
プレゼントした相手が1等当選したら何割か貰う予定w

どっちかを選べと言われ億万長者狙いであれば、ミニではなく絶対にバレンタインジャンボです。

等級等当せん金本数
12ユニットの場合
1等200,000,000円12本
1等の前後賞50,000,000円24本
1等の組違い賞100,000円1,188本
2等5,000,000円60本
3等1,000,000円1,200本
4等100,000円36,000本
5等10,000円120,000本
6等2,000円1,200,000本
7等300円12,000,000本
バレンタイン賞20,000円60,000本

バレンタインジャンボの賞金は1等前後賞合わせて3億円。(2019年度参照)

当選本数は12本と他のジャンボ宝くじに比べると少なく感じてしますが、それでも当たれば億です。

ドリ
ドリ
そうね!3億円でも一般的サラリーマンの生涯年収を越えているから十分だね。

バレンタインジャンボミニの1等と前後賞は…?

1等20,000,000円
1等の前後賞5,000,000円

それに比べるとミニは1等前後賞合わせても3,000万円と見劣りしてしまいます…。

ドリ
ドリ
3,000万円じゃ会社辞められないね…。 やっぱりバレンタインジャンボで大きく狙った方がいいのかなぁ。

ユメ
ユメ
どちらにせよプレゼントした相手や自分が1等当選したら嬉しいですよね。

次でミニの当選状態を見ていきましょう!

ミニの方が当たる?どうなの?本当は当たりなんて入ってないんじゃ…?

1等前後賞の当選金額が少ないミニですがどうなのでしょう。

ドリ
ドリ
普通に考えたら当選金額の少ないミニの方が当たりそうだよね。結局どっちなの?

ユメ
ユメ
早く知りたいですよね。

1等20,000,000円25本

そんなミニの当選本数は25本!

これだけ見てもバレンタインジャンボよりも当選する確率は高くなります。

ドリ
ドリ
でもどうせユニットとか言うのが多くて、期待しているより当たらないんじゃない?

ユニット等に関しては次で詳しく説明していきますが、街のいたるところにある宝くじ売り場に張り紙や看板がたくさんありますよね。

あれはただの客寄せで『大当たりでました!』なんて嘘を書いているわけではありません。

本当に当選している人がいるから大きく告知しているわけです。

凄い宣伝効果にもなりますしね。

ドリ
ドリ
あの看板とか嘘っぱちだと思ってたよ。本当だったんだ…。 ますますバレンタインジャンボとミニがどっちが当たるか知りたくなる!

ではバレンタインジャンボとミニではどちらが当選しやすいのか確率で見ていきましょう!

バレンタインジャンボとミニどっちが当選確率が高い?

ユメ
ユメ
ここからは確率で説明していきます。

ドリ
ドリ
確率とかって難しいんだよね…。

でも、確率が分かっていないと、どっちを買った方がより多くの当選金をGETできるか分からないことでしょう。

まずはバレンタインジャンボですが発売が1ユニット 1,000万枚で12ユニットありました。

宝くじ公式サイトで1等は12本と発表されています。

と言うことは12ユニット販売なので1,000万枚の中に1本当たりが入っています。

ドリ
ドリ
つまり1ユニットにたいし1本大当たりがあるってことね!

一方ミニは1ユニット1,000万枚は変わらず5ユニットありました。

1等20,000,000円25本

しかし当選本数は25本。

ドリ
ドリ
んん?と言うことは2,000万円が1ユニットに5本あるってことね!

ユメ
ユメ
そうなんです!

バレンタインジャンボもミニも1ユニットは1,000万枚、しかし当選金額が少ない分だけミニが1等当選確率は高いと言うことになりますね。

バレンタインジャンボとミニの4等10万円確率は?

そして当たったら嬉しい10万円も本数が違ってきます。

ドリ
ドリ
10万円でも当たると嬉しいから知りたい!

バレンタインジャンボの4等の10万円の本数

4等100,000円36,000本

10万円の当たり本数は、バレンタインジャンボでは全部で36,000本。

12ユニット販売されてて36,000本あるという事は以下の計算をしてユニットあたりの当たり本数を求めます。

36,000(当たり本数)÷12(ユニット)=3,000(1ユニットあたりの本数)

1ユニットにたいし3,000本入っています。

バレンタインジャンボミニの4等の10万円の本数

4等100,000円20,000本

ミニの10万円は20,000本とぱっと見るとバレンタインジャンボより少なく見えます。

ここで先程同様計算してみます。

年末ジャンボミニは5ユニット販売です。

20,000(当たり本数)÷5(ユニット)=4,000(1ユニットあたりの本数)

計算すると1ユニットで4,000本となります。

  • 年末ジャンボ、4等の1ユニット本数
  • 4等3,000本
  • 年末ジャンボミニ、4等の1ユニット本数
  • 4等4,000本

ドリ
ドリ
たった1,000本の差だけどバレンタインジャンボより1,000人多く10万円当たると考えると大きいわね!

このようにバレンタインジャンボとミニでどっちが当たるのかよく考えてみるとミニの方が当たりやすいと言う事になります。

バレンタインジャンボのバレンタイン賞って当たりやすいの?

1等も狙ってるけどバレンタイン賞もひそかに狙っているんだ!と、期待を胸にふくらませているのではないでしょうか

ドリ
ドリ
どうせ1等が当たるか分からないならバレンタイン賞もいいよね

実際に、バレンタインジャンボとミニのバレンタイン賞は、どちらが当たりやすいのか調べてみます。

バレンタインジャンボの「バレンタイン賞」2万円の本数

バレンタイン賞20,000円60,000本

バレンタイン賞は2万円と当たり本数も6万本と、やや多くなってます。

12ユニット販売でしたが、1ユニットあたりの当たり本数を求めてみます。

60,000(当たり本数)÷12(ユニット)=5,000(1ユニットあたりの本数)

1,000万枚に5,000本も当たりがあるなら、バレンタイン賞も見逃せませんね。

バレンタインジャンボの「バレンタインミニ賞」3万円の本数

バレンタインミニ賞30,000円5,000本

ミニの方は3万円とバレンタインの方と比べて1万円アップしますが、その代わり5,000本と当たり本数が少なくなってしまいました。

しかし、ユニットで考えると、どうでしょうか?

バレンタインミニは5ユニット販売でしたので、当たり本数は変わってくるのか?計算していきます。

5,000(当たり本数)÷5(ユニット)=1,000(1ユニットあたりの本数)

なんと1ユニット1,000万枚に当たり本数は1,000枚なのです。

  • バレンタイン賞2万円が5,000本
  • バレンタインミニ賞3万円が1,000本

ドリ
ドリ
ミニの方が当たりやすいと思ったら、そうでもないんだね…

しかしバレンタインジャンボミニでは4等10万円が1,000万枚に4,000枚でした。

億はいらないけど、10万円を狙いたいのであればバレンタインジャンボ ミニがいいかもしれません。

まとめ

バレンタインジャンボとミニでは当選金額は下がってしまいますが当たりやすさは圧倒的にミニでした。

しかし「それでも億万長者を狙う!」と熱い気持ちがあるのであればバレンタインジャンボを買いましょう。

そして自分自身が当たって本当に当選者はいるんだ!と生き証人になってください!