初心者向け宝くじハウツー

宝くじ年末ジャンボミニのメリット

宝くじで億万長者を目指す方には待ちわびた年末ジャンボの季節がやってきました!

通常の宝くじではミニやプチなど発売しておりませんが

年末ジャンボになると3種類の中から好きなタイプのものを選んで購入する事ができます。

その中のひとつとして年末ジャンボミニがあります。

でもミニでは億万長者を狙う事ができないのに、メリットなんてあるのでしょうか。

そんな大きな夢をかけた宝くじ、年末ジャンボミニのメリットを十二分に紹介します!

軽く年末ジャンボの説明から!

年末ジャンボの3種類を説明!

宝くじ大好きな人達が心待にしている年末ジャンボですが、年末ジャンボには3種類、通常の年末ジャンボ・年末ジャンボミニ・年末ジャンボプチが発売されます。

年末ジャンボミニはちょうど中間ぐらいの当選金額なので人気も中間くらいの宝くじです。

  • 1等の当選金額は年末ジャンボで前後賞合わせ10億円!
  • ミニは5千万円。
  • プチは1千万円となっています(前後賞なし)

当選金額が少ないからといっても宝くじの値段は変わらず1枚300円です。

同じ300円を出すならば10億円を狙った方がお得なような気もしますが、年末ジャンボミニにもしっかりとメリットがあるので、今までどんな宝くじでも末等しか当選した事がない人でも、年末ジャンボミニならばもう少し高い金額を当てられる可能性があります。

もし当選した場合、支払期限までに忘れないためにも早めに換金してください。

ミニは本当に狙い目なのか!?

ミニを知らない人もいるかな?年末ジャンボミニは全部で15ユニット発売されます。

※ユニットの説明:組が01組~100組まであり100000番~199999番の10万枚あります。

これを1ユニット(宝くじの1セットと思ってください)ユニットがどれだけあるかがポイントです。

ミニの流通枚数は1億5千万枚

1ユニット1千万枚なのでミニの場合は流通枚数は1億5千万枚です。

数字だけ見ていると当たらなそうな感じはしますが、1ユニットに5本も1等が入っている計算となります。

ちなみに普通の年末ジャンボでは24ユニットに対して1枚の1等なので1千万枚に1本しか当選してくれません。

1千万枚に5本1等があるなら1本しか入っていない1等を狙うよりはメリットはあります。

しかも前後賞だけでも、1ユニット10本あるので、ユニット単位で見ると少なく感じますが、各地を回り15ユニット全て連番もしくは3連バラでバラを楽しみつつ1等を狙っていくのもなかなかおもしろくてメリットがあります。

ミニだけにしかない最大メリットがあった!

宝くじ購入者で知ってる人もいるメリットとは?年末ジャンボにはミニだけにしかないメリットがあるのです。

それは年末ラッキー賞2万円がついているのです。

バレンタインジャンボなどには、全てにこの特別賞があるのですが年末ジャンボはミニだけにしかありません。

運が良ければ年末ラッキー賞が当たる

1ユニットに2千本も入っているので10枚だけミニを購入して2万円が当選する確率も高くなってきます。

当たる喜びを堪能したい人にはオススメです。
2万円分購入してラッキー賞が当たれば末等と運良く3千円も入っていたりする事で元は取れてしまいます。

このラッキー賞はミニでしか味わえないメリットなので、いつもの年末ジャンボにプラスして、今年はミニも楽しんでみてください。

まとめ

年末ラッキー賞か10億円は金額の差が凄いです年末ジャンボ=10億円狙いも当たった時は踊り明かしたいくらい嬉しいですが、簡単には当たるものではありません。

そう考えてみると、1等当選本数が少しでも多いミニを選んでラッキー賞が当たってもかなり嬉しいのでミニなんて眼中に入っていない人でも、たまには購入してみて恩恵を受けるのも今年1年の締めくくりにはぴったりです。