宝くじ攻略

100万以上と1億円以上って攻略法あるの?どんな宝くじが狙い目?

宝くじを一発当てて金持ちになりたい!

でも、どんな宝くじが狙い目なの?

宝くじの種類は数字選択式や普通くじがあるけど、どんなのがオススメなの?

攻略法も一緒に、どの宝くじが狙い目なのか説明します!

100万円以上の当選金額のあるスクラッチの攻略は?

スクラッチといえば、その場で削るだけで当選されてるか分かるので初心者の方にも人気です。

1等の当選金額が50万円、100万円、3,000万円と幅広くありますが、どれがオススメなのでしょうか?

宝くじ初心者の方は「どうせなら3,000万円ほしい!大金持ちになりたい!」と、当選金額が高い方を選んでしまいがちです。

しかし1等が3,000万円のスクラッチは当選本数は5~10本ぐらいなので、当たる確率は恐ろしく低いです。

それでも一般的に(インターネット)言われてる当選確率がありますのでご紹介します。

スクラッチの攻略は3,000万円、100万円、50万円の確率を見極める?

  • 1等が3,000万円の場合、確率は1/1,000,000
  • 1等が100万円の場合、確率は1/100,000
  • 1等が50万円の場合、確率は1/50,000

私個人が思う事ですが、スクラッチはブロックか全国、どちらかで販売されるので、そのどちらかでも確率は変わってくるように思えます。

しかし1等3,000万円がほしい!と思ってた方は1等100万円の場合でも1/100,000でも確率が高くなるので夢はありますよね。

宝くじは当選金額が低くなると確率アップしていきます。

スクラッチは100万円以上が販売されていますが、攻略法としては初心者でも安心!スクラッチの当てる方法を説明でも説明していたように全国ではなくブロックを狙うべきなのです。

全国は47都道府県になりますが、ブロックは[東京都]・[関東・中部・東北自治]・[近畿]・[西日本]に分かれます。

先程1等が3,000万円のスクラッチは当選本数が5~10本ぐらいといいましたが、これを全国の人達で狙うとします。

1日に、どれぐらいの人が購入するか検討がつきませんが、全国で購入する一人として自分も入っていると考えると確率はどんどん低くなっていくのがわかります。

それを考えるとスクラッチの攻略はブロック、当選金額が少ないのを狙うのがベストなのです。

しかし当選金額100万円以上をスクラッチで狙うとなると先程は1/100,000の確率といいました。

「ちびまる子ちゃんスクラッチ まる子お正月編 タテ・ヨコ・ナナメ」(第707回 全国自治宝くじ)の当せん金・本数

等級等当せん金本数
1等1,000,000円225本
2等50,000円3,150本
3等3,000円36,150本
4等500円75,000本
5等200円750,000本

「ドラゴンボールスクラッチ 孫悟飯3 トリプルアタック」(第2415回 東京都宝くじ)の当せん金・本数

等級等当せん金本数
1等1,000,000円10本
2等100,000円100本
3等10,000円1,500本
4等2,000円7,500本
5等1,000円20,000本
6等200円100,000本

ちびまる子ちゃんとドラゴンボールスクラッチ、1等の本数を見比べても分かるように225本と、かなりお得なのがわかります。

「ん?さっき全国よりブロックがベストって言わなかった?」

たしかに、そう言いました。

スクラッチを攻略する方法として逆転現象もおこるのです。

それはお正月等の特別な時に発売されるスクラッチは全国でもブロックより当たり本数が増えます。

ただし、全国47都道府県かブロック[東京都]・[関東・中部・東北自治]・[近畿]・[西日本]の場合、どちらが当たりやすいかは、その時の当たり枚数で見比べてください。

100万円以上の当選金額があるミニロトの攻略は?

ミニロトは数字選択式宝くじとなります。

スクラッチは削って当たりか分かるのですが、ミニロトは31個の数字から5個を選びます。

ミニロトは100万円以上と言いましたが、1等が理論値1,000万円…。

1等の確率は1/169.911となっていて「当たらない…」と思ってしまいますね…。

ミニロトの攻略法としては前回の数字から次回を予想するものですが、申込数字が本数字5個すべて一致(1等)はかなり難しくなってきます。

ちなみに2等は理論値15万円で5/169.911になります。

100万円以上をほしい方にとってミニロトは1等が理論値1,000万円となってしまうので、オススメの宝くじとはいえないかもしれません。

100万円以上の当選金額があるナンバーズ4は?

ナンバーズ4はストレートの理論値は90万円です。

ですが、実際にはナンバーズ4、ストレートの当選金額が100万を超える時があります。

2019年9月25日

ナンバーズ4当選番号1834(ストレート)

19口1,084,900円

2019年9月24日

ナンバーズ4当選番号1015(ストレート)

114口261,800円

実際に100万円超える時と超えない時がありますので、

ナンバーズ4のストレート、確率は1/10,000にかけて100万円以上を狙うのもいいかもしれません。

100万円以上の当選金額があるナンバーズ4の攻略は?

先程の2019年の9月25日と24日の違いは分かりますでしょうか?

それは当選番号の数字に注目してほしいのですが25日(1834)と24日(1015)です。

これはシングルかダブルと呼ばれているものです。

ナンバーズ4を攻略するならシングルかダブルで、どっちが来るか…?考えておくのがいいでしょう。

100万円以上を狙うならシングルでストレート狙いです。

ナンバーズ4の購入方法として、ストレート以外ではボックス、セット、ミニがありますが、ストレート以外は狙わないようにしてください。

では、ナンバーズ4の攻略法としてシングルかダブルを考え、同じ数字を買い続けるという方法がありますが、他に攻略法はないのでしょうか。

ナンバーズ4は月、火、水、木、金に抽選日となってますが、先月分、もしくは過去2年間の数字で右肩上がりの数字を、その月に1ヶ月間は狙い続けるという方法があります。

ただナンバーズ4のストレート狙いは1/10,000の確率なのと低確率ですが、シングルで当選されれば100万もらえるかもしれないので、1回で10口は購入してもいいかもしれません。

100万円以上の当選金額があるジャンボ宝くじは?

ジャンボ宝くじは年に5種類は発売されます。

「年に5回も販売されるなら100万円以上で当たりやすい宝くじはあるよね?」との意見がありそうですね。

100万円以上のジャンボ宝くじは存在します。

100万円以上の当選金額があるジャンボ宝くじの攻略は?

調べてみたところ2019年のバレンタインジャンボ宝くじの3等が100万円でした。

当たり本数も1,400本!

1,400本もあるなら当たるかも!と思われがちですが、ジャンボ宝くじは1ユニットに対して当たり本数がいくらあるかです。

2019年のバレンタインジャンボは1ユニット1,000万枚です。

14ユニット販売なので1ユニット1,000万枚に100本の当たり本数がある事になります。

つまり3等100万円の確率は100/1,000万になります。

ジャンボ宝くじはミニロトのような理論値ではなく当たり本数が決められているので、3等100万円となっていますが、その時により何等が100万円になるか変わります。

もし「ジャンボ宝くじで100万円ほしい!」という方は宝くじ公式サイトで調べてみてください。

1ユニット1,000枚だったら当たり本数と何ユニット販売かで1,000万枚に何枚の当たり本数があるか調べる事ができます。

1億円以上ほしい!宝くじの種類って何?

ロト6

  • 申し込み数字6個すべて一致で2億円
  • キャリーオーバーなら6億円

これらは理論値ですが、他の1等、当選者もいる事によって下回る事があります。

しかし1等の確率が1/6,096,454となっているのと毎回1等の当選番号が変わるため狙うのが難しくなってきます。

抽選曜日は「月・木」

43個から6個の数字を選びます。

ロト6は数字選択式でミニロトと似ていますが、攻略法として前回の数字から予想するだけです。

同じ数字、下一ケタ、連続数字で予想する事ができます。

  1. 同じ数字は前回の数字を1つ入れる
  2. 下一ケタは前回の数字が10なら20を入れる
  3. 連続数字は前回に13があるなら14を入れる

これらをしても必ず当選されるとは限りませんが、しておくだけでも確率が変わってきます。

もちろん1等が1億円以上のロト6では同じ数字、下一ケタ、連続数字も奥が深いです。

詳しく知りたい方は達人の当て方!ロト6で当選確率90%超えを狙える4つの法則を参考にしてください。

ロト7

  • 申し込み数字7個すべて一致で6億円
  • キャリーオーバーなら10億円

ロト6より4億円アップします。

それなら多くもらえるロト7の方がいいに決まってる!と思われがちですが、数字が1つ増えてしまうので、その分確率もより低くなってしまいます。

ロト7の1等は1/10,295,472の確率です。

抽選曜日は「金曜日」

37個から7個の数字を選びます。

ミニロト・ロト6・ロト7は同じロトシリーズなので攻略法も同じです。

同じ数字、下一ケタ、連続数字を入れるようにしましょう。

ジャンボ宝くじ

  • バレンタインジャンボ2億円
  • ドリームジャンボ3億円
  • サマージャンボ5億円
  • ハロウィンジャンボ3億円
  • 年末ジャンボ7億円

1年間に5種類も販売されるジャンボ宝くじですが、1億円以上も手に入る夢の宝くじです。

どれも1億円以上手に入るのですが2018年の場合、それぞれ5種類の1等が当たる確率は以下のようになってます。

  1. バレンタインジャンボ1/1,000万
  2. ドリームジャンボ1/1,000万
  3. サマージャンボ1/1,000万
  4. ハロウィンジャンボ1/1,000万
  5. 年末ジャンボ1/2,000万

年末ジャンボだけ1ユニット2,000万枚で24ユニット販売、1等の当たり本数も24本なので、他のジャンボ宝くじよりも当たりにくいです…。

ジャンボ宝くじは1億円に近いもので2億円のバレンタインジャンボでした。

ロト6では申し込み数字6個一致で2億円…。

1億円に近い宝くじを選ぶなら、この二つが良さそうですね。

改めて確率もみていきます。

  1. バレンタインジャンボの1等は2億円で確率は1/1,000万
  2. ロト6の1等は2億円で確率は1/6,096,454

どちらかというとロト6の方が当たりやすくなっています。

確率が低くて2億円もらえるならロト6が良い!と思いますよね。

それではロト6の1等~末等までの確率をみていきます。

1等1/6,096,454約2億円
2等6/6,096,454約1000万円
3等216/6,096,454約30万円
4等9,990/6,096,454約6800円
5等155,400/6,096,454固定1000円

1等…申込数字が本数字6個すべて一致
2等…申込数字が本数字5個と一致し更にボーナス数字1個と一致
3等…申込数字が本数字5個すべて一致
4等…申込数字が本数字4個すべて一致
5等…申込数字が本数字3個すべて一致

もしロト6で億万長者を目指す場合、1等の2億円がもらえないなら2等の1,000万円でもいいか…となりますよね。

確率も6/6,096,454と当選させるには程遠いのがわかります。

ここで、2018年バレンタインジャンボの1等と末等まではどうなってるのか?コチラもみていきます。

1等200,000,000円14本
1等の前後賞50,000,000円28本
1等の組違い賞100,000円1,386本
2等10,000,000円70本
3等1,000,000円1,400本
4等100,000円28,000本
5等10,000円140,000本
6等3,000円1,400,000本
7等300円14,000,000本
バレンタイン賞20,000円56,000本

ロト6は1等~5等までしか存在しないのに比べ、バレンタインジャンボは1等~7等とバレンタイン賞も存在するので「なんだか当たりそうなんだけど!」と、ワクワクしてきます。

ロト6とバレンタインジャンボも運が必要ですが、億万長者になりたく宝くじを数百枚購入し2億円に届かなかった…となってしまっても、1等以外の等級等があるバレンタインジャンボを個人的にオススメします。

1億円でなく2億円もらえる宝くじの攻略法は?

ここで、どうやって当選番号が決まってるのか考えていきます。

2億円もらえるバレンタインジャンボの抽選方法は数字が書かれた円盤が回る抽選機に矢がささり番号が決まるのです。

抽選では組と番号が決まります。
(組は2ケタ、番号は5ケタ)

次に購入方法ですが、「バラ・連番・福バラ・福連」ですが、これらに攻略方法があります。

バラと連番は基本的に10枚での購入。

1枚300円として3,000円…しかし2億円を当てたいなら3,000円で当たる事はありえません。(本当に運が強い方なら当ててしまいますが…)

バラで10枚購入する場合

バラは名前の通り、組と番号がバラバラで下一ケタ0~9は揃います。

基本的にジャンボ宝くじを10枚分購入すれば0~9は揃うようになっていますが、末等300円は当たるようになってるからです。

2018年のバレンタインジャンボ末等(2等)の当選番号、下一ケタは1でした。

つまり10枚購入すると1は必ずでるようになっています。

3,000円使って300円しか当たらないのはきついですね…。

下一ケタの0~9が揃うことはわかりましたが、下二ケタ~五ケタまではバラバラです。


バラの場合、赤枠部分は数字が繋がる事はないんです。

バラバラなんですが、2億円ほしい!けど1枚1枚当たっているかな~と楽しみもほしい、という方には向いている購入方法です。

バラ10枚の組み合わせは?

  • 05組176410
  • 17組143821
  • 02組119282
  • 28組134623
  • 55組158274
  • 63組149285
  • 58組137266
  • 76組184727
  • 47組126178
  • 33組185729

バレンタインジャンボは1ユニット1,000万枚になります。

1等の当たり本数は1,000万枚に1本なので、確率的に考えても上の数字を眺めてるだけで、当然当たる事はありません。

バレンタインジャンボの当選番号は25組の番号は145727です…。

ある日、1億円以上ほしい!と思って(バレンタインジャンボは1等2億円ですが)

1月の末にバレンタインジャンボを宝くじ売場で購入するとします。

バラって確認する楽しみがあるって聞いた!と、宝くじ販売員の方に「バラ10枚下さい!」と言っても組2ケタと番号は10万通りの1つを当てるのは少し無理があります…。

バレンタインジャンボの2億円を手にするなら、他の購入方法も知っておかなくてはならないのです。

連番で10枚購入する場合。

バラとは違い組は10枚同じ、番号が連続します。

ん?これで2億円当たるの??と思われますが、組と番号さえ同じであれば当たるのです。

ただ、バレンタインジャンボの1等、当選番号は25組で145727番だったので、それと同じ「25組」から始まっていて「1457270」である必要があります。

以下のような感じです。

  • 57組16730
  • 57組16731
  • 57組16732
  • 57組16733
  • 57組16734
  • 57組16735
  • 57組16736
  • 57組16737
  • 57組16738
  • 57組16739

全部同じ数字なんだけど!!と思ってしまいますが下一ケタだけ0~9は揃っています。

連番10枚購入すると1枚は必ず当たるという事になりますが…25組で番号は1457270ではじまっていないとダメでしたね…。

1,000万枚に1本しか2億円が存在しないという事は、どれほど難しいか分かって頂けたでしょうか?

しかも1億円ほしい!宝くじで億を超えるのって何?ちょうど1月末だし2億円のバレンタインジャンボを狙おう!と意気込みます。

ですが連番10枚で組を見て当たるかな~とワクワクな気分で、いざ当選番号が発表されサイトで1等の組を確認したところ、自身の持っている宝くじ券の組をみたらがっかりしてしまいます。

確率は低いですが、どちらかというとバラの方が2億円に近づきます。

まとめ

もし宝くじで100万円がほしい!と言う方はスクラッチを購入。

1億円ほしい!と言う方はバレンタインジャンボで1等2億円という事になりました。
(3等は100万円ですが、宝くじ公式サイトで100万円は存在するか確認してください)

たしかに2億円さえあれば生活には困らないかもしれません。

しかし1,000万枚に1枚の当たりを求めるのもきつい気がします…。

どうせなら100万円攻略という意味でも、まずはスクラッチでブロックの地域を狙ってみてはいかがでしょうか?

「本当に当たりってでるの?」と疑いたくなりますが、まずは当選される事も目的に1等100万円を狙ってもいいかもしれません。

今回100万円以上と1億円以上の宝くじを、特別な方法で当ててみたいなぁと思う方は宝くじが当たる人と当たらない人の違いって何かあるの?を参考にしてください!