宝くじ攻略

当たる秘訣を解説!すぐに真似したくなるジャンボ宝くじの買い方

せっかくジャンボ宝くじを買うのなら、できるだけ当たる確率を上げたい、宝くじを買う秘訣があるなら教えて欲しいと思いませんか。

あまり買い方を分からずに購入していた人、購入方法は当選確率に大きな影響を与えますのでぜひ参考にしてください。

ジャンボ宝くじの買い方!基本セットについて

宝くじは1枚300円なので10枚セット3,000円を基本セットとして販売されていますが、それには大きく次の2つのセットがあります。

ジャンボ宝くじの買い方!バラについて

抽選番号、組みが文字通りバラバラに入っているセットのことです。ただし、下1桁の数字は0~9の数字が1つずつ入っています。1枚1枚バラバラなので10回のドキドキ感が味わえることがメリットです。

ジャンボ宝くじの買い方!連番について

組みが同じで連続した番号が10枚入っているセットのことです。
1等とその前後賞も狙うなら連番で買う方がいいでしょう。

ジャンボ宝くじ買い方の秘訣!それぞれのメリットを理解しよう

ジャンボ宝くじの1等が当たる確率は2,000万分の1と言われています。

これは、人の頭の上に雷が落ちてくる数字という途方もない数字です。
なので、宝くじは夢を買うものだと言われることも多いのです。

せっかく購入するのだから少しでも当選確率が上がるような秘訣があったら知りたいですよね。

先に紹介した基本の2つのセットであれば、どちらを買えば当たる確率が高いのでしょうか。

実はバラを買った方が連番で買うよりも2.5倍も確率が上がります。

なぜかというと、どちらも1枚の当選確率は同じですが、連番の場合は組が全て同じ(1通り)なため前後賞を狙える確率が下がるからです。

バラで購入すれば組もバラバラ(10通り)なため、前後賞を狙える確率が上がります。

つまり、できるだけ当選確率を上げるのであればバラで購入し、前後賞も合わせて高額を狙うのであれば連番で購入することになるのです。

ジャンボ宝くじの買い方は、縦バラがオススメ

もし、この2つの両方を狙うのであれば、バラと連番を組み合わせた縦バラと言う購入方法もあります。これは3枚の連番が10セット組み合わせた30枚を購入する方法です。

縦バラが、なぜ良いかというと年末ジャンボ宝くじは前後賞があります。
1等7億円で前後賞は1、5億円です。

バラを購入した場合、運が本当に良くて1等7億です…。
これでは前後賞は狙えないんですね。

1等7億円でも十分すぎるぐらいですが…。

しかし先程の縦バラだと組も番号も揃ってるので、1等と前後賞を狙うのには適しているという事です。

ジャンボ宝くじの買い方のまとめ


もし、30枚以上購入する予定であれば縦バラという買い方を覚えておいてください。

宝くじを当てるためには、買い方について十分に理解しておく必要があることを説明しました。

宝くじを購入するときに参考にしてみてくださいね。