宝くじ攻略

宝くじの当選者は本当にいない?種類別の当選者がいない場合の対応も解説

宝くじの当選者は本当にいない?種類別の当選者がいない場合の対応も解説

宝くじが当選したらやりたいことを想像したことがある人は多いですが、実際に宝くじの当選者に会ったことがあるという方は少ないのではないでしょうか。

宝くじの当選者はいないとネット上で騒がれることもあり、当選者の数は極めて少ないことは確実です。

この記事ではこれまで宝くじの当選した人はいるのかについて解説していきます。宝くじの種類別に当選者がいない場合の対応も紹介するので気になる方は是非最後まで記事をご覧下さい。

宝くじの当選者がいないのは本当?一般人は当たらないヤラセ説も検証

宝くじの当選者がいないのは本当?一般人は当たらないヤラセ説も検証

宝くじの当選者がいないと考えている方がまず理解しておきたいのが宝くじの当選確率です。

ここでは宝くじの当選確率を紹介するとともに、ネットで噂されている一般人に宝くじの当選者がいない説を検証していきます。

宝くじはそもそも当選する確率自体が低い

宝くじにはジャンボやロト、ナンバーズなど様々な種類がありますが、1等に当選する確率は極めて低いです。

宝くじ名等級当選金額当選確率
ジャンボ宝くじ1等2~5億円1000万分の1
ロト61等約2億円610万分の1
ナンバーズ41等100万円1万分の1

購入者が多く、日本で最も有名なジャンボくじの1等に当選する確率はなんと1000万分の1

1等前後賞に関しても、500万分の1となっており、これでは周りにジャンボ宝くじの当選者がいないのは当然と言えるのではないでしょうか。

その他1~43の6個の数字を選ぶロト6の1等の確率は、約610万分の1、当選金額が100万円にも満たないナンバーズ4の当選確率でも1万分の1ということで、宝くじが当選する確率は極めて低いことが分かります。

ただし、ジャンボ宝くじやロト6は確率が低い分、1等が当たれば億を超える大金が手に入るため、夢のあるくじであることは間違いありません。

当選確率が高いけれど当選金額が低いくじを購入するのか、当選確率は低いけれど当選金額は高いくじを購入するかは個人の性格が大きく関係してきそうです。

宝くじの当たる方法はランキングTOP3から選ぶ!少額から億までの当選技 宝くじの当たる方法を知らない方も意外と多いですよね。 今の時代はネットから宝くじの当たる方法として色々解説されてたりします。 ...

宝くじは一般人の当選者がいない説は嘘

2chや5chのようなまとめサイトを確認すると、一般人が宝くじに当選することはなく、当選者はやらせで決まっているという意見を目にすることがあります。

中には宝くじに当選した人は自身のSNSに写真などを掲載する可能性が高く、こういった写真が話題にならないのは不自然だという意見も見られました。

確かにSNSなどで宝くじが当選した報告をする人を見る機会はありませんが、ブログなどでは実際に億を超える宝くじに当選したと報告した人はいます

このことからも宝くじの当選者に一般人がいないという説は間違っていると言えるのではないでしょうか。

また、宝くじの当選者が周囲の人に当選について言いふらす人は安全面の観点から考えても少ないことが予想されます。

高額当選者は年間300人ほど表れているというデータもあり、私たちが知らないだけで、億万長者は毎年誕生しているようです。

宝くじに当選した人はいた!当選者のエピソードを紹介

宝くじに当選した人はいた!当選者のエピソードを紹介

ここでは宝くじの高額当選者の中で、自身のブログで実際に当選した際の口座に振り込まれた金額などを公開している人のエピソードを紹介していきます。

宝くじに当選した人が当選後にどのような人生を送っているのか併せて確認していきましょう。

宝くじに当選した人のエピソード①totoで6億円当選

totoBIGで6億円当選した男の記録

「toto BIGで6億円当選した男の記録」ではブログのタイトル通り、宝くじで6億円当選した方の生活が描かれています。

このブログ運営者の方が当選したtoto BIGとはサッカーくじとなっており、ランダムに割り当てられた14試合の勝敗結果が的中すればキャリーオーバー時で最大6億円が当たる仕組みです。

6億円当選した男さんは、totoに当選したのと同時にブログ運営をスタートさせており、2010年6月1日のブログでは、入出金明細を公開していました。

この方は宝くじに当選した後も会社勤めを継続し、なんと役員にまで昇進したそうです。

2020年にはYouTubeも開始しており、動画では高級車を購入したり、高級マンションを購入したことを発表していました。

toto BIGの当選確率は、約480万分の1であり、実際に当選者がいるという事実は宝くじ購入者に夢を与えますよね。

宝くじに当選した人のエピソード②ロト6で2等2000万円が当たったKKさん

【夢の高額当せん者インタビュー】ロト6・2152万円当せん者「パーソナルスペースに人が入ってくると当たるんです」

宝くじは種類によっては1位でなくても数千万円の大金を手にできる可能性があります。

上記の記事で紹介されているKKさんは2015年のロト6当選者であり、2等だったものの2100万円以上の金額を手にしたそうです。

KKさんはロト6に当選する前に勤務していた会社が倒産し、自営業をスタートさせるも軌道に乗らず苦しい生活を送っていたと語っており、ロト6の当選で人生が大きく変わった人物と言えるのではないでしょうか。

また、KKさんは宝くじが当選する前には、息子さんの手相がマスカケ線であったことに気づいたり、人や車が自らのパーソナルスペースに入ってきたりしていたことなども語っていました。

高額当選が出る前には、自分の身の回りで前兆が起こるとも言われていますが、KKさんにも前兆が起こっていたことを考えるとこれらの出来事は偶然とは言えないかもしれません。

宝くじが当たる気がする!それはどんな時!?買った方がいい? 宝くじが当たる気がする時ってあるんですよ。 野生の勘ってやつですかね。 宝くじ販売員をやっている私が、お客さんから聞いた「...

宝くじに当選した人のエピソード③月収20万円の会社員が3億円当選

■3億当選後の人生■

「3億当選後の人生」というブログを運営している1人の女性を救うために生きるさんも宝くじで人生を変えた人物です。

この方は、宝くじで3億円当選する前までは、家賃2万円の木造アパートに住むサラリーマンでした。

宝くじは以前から好きで継続して購入していたそうですが、1等が当たるとは予想にもしていなかったそうです。

1人の女性を救うために生きるさんはブログで、当選後にみずほ銀行に行った際の様子についても言及していますが、みずほ銀行の大きな支店であれば、1000万円以上の高額当選者は毎月3、4人は来るそうで、銀行員の対応もかなり手慣れている印象を受けたとのことでした。

この発言が本当ならば、想像以上に多くの方が高額当選を果たしていると言えるのではないでしょうか。

宝くじに当選した人のエピソード④ロト6で3億2千万円当たり、全財産を溶かした久慈さん

ロト6で3億2千万円当てた男のセレブじゃなくなった私生活

最後に紹介するのはロト6で3億2千万円を手にするも、その後全額を失うことになった久慈六郎さんです。

久慈さんはロト6で当選したことで、周囲の人からうらやましがられる生活に味をしめてしまい、女と投資とギャンブルにお金を使った結果、大失敗に終わり、最終的にはFXで全財産を失ったそうです。

宝くじに当選した後に、全額を失ったという話は都市伝説として語られていますが、実際に全財産を失った方がいるというのは驚きではないでしょうか。

定期的にブログも更新されているため、気になる方は是非一度内容をご確認下さい。

宝くじの当選者がいないケースはある?当選者がいない場合の対応まとめ

宝くじの当選者がいないケースはある?当選者がいない場合の対応まとめ

ここまでは宝くじに当選した人がいないという声を紹介したり、実際に宝くじに当選した人のエピソードを紹介してきました。

ここでは、日本国内でも特に人気が高いジャンボ宝くじ、ロト6、ナンバーズ4で宝くじの当選者がいなかった場合にどのような対応がされるのかについて紹介していきます。

宝くじによって当選者がいない際の対応は大きく異なるので、詳細を確認するようにしましょう。

宝くじの当選者がいない場合の対応①ジャンボ宝くじ

宝くじをこれまで購入したことがあるという人の人数は推定8000万人近くに上るとされており、その内多くの方がジャンボ宝くじを購入しています。

特に年末ジャンボ宝くじはテレビCMなどでもたくさん宣伝されており、当選を夢見た方は多いのではないでしょうか。

ジャンボ宝くじは、当たりが必ず出るタイプのくじとなっており、売れ残ったくじの中に当選番号が混ざっていることは十分に考えられます。

ジャンボ宝くじの当選番号が売れ残ったくじの中に含まれていた場合に関しては、その年の当選者はいないことになり、当選者を出すための救済措置なども用意されていません

さらに言えば、不正防止の観点から売れ残った宝くじは抽選の際には全て断裁された状態になっているため、当選者が換金に来なければ購入者の中に当たりくじが含まれていたのかさえ、誰も分からない状態になるのです。

上記内容を踏まえるとジャンボ宝くじに当選した人を目にする機会はほとんどない理由に関して納得できるという方も多いのではないでしょうか。

1等を狙う!ジャンボ宝くじを当たる方法で知りたい5つのこと年に数回販売される、ジャンボ宝くじ。 何度買っても当たらずに、辛酸を舐めた方も多いのではないでしょうか? 実は、夢のある1等当選金を...

宝くじの当選者がいない場合の対応②ロト6

ジャンボ宝くじとは異なり、ロト6で1等の当選者が出なかった際は賞金がキャリーオーバーされることになります。

キャリーオーバーとは、配当金が繰り越しされる制度で、当選者が出なければ、次回開催のくじの賞金が上積みされることになるのです。

ロト6では1等の獲得賞金は2億円ですが、1等の当選者が出ずにキャリーオーバーされていけば、賞金は最大6億円にまで上昇します。

また、ロト6よりも選ぶ数字が1つ多いロト7では、キャリーオーバーされると最大獲得賞金は10億円にもなり、獲得賞金が増えるという観点ではキャリーオーバーは利用者にメリットの大きい制度と言えるのではないでしょうか?

ロト以外にはサッカーくじのtoto BIGもキャリーオーバー制となっています。

宝くじの当選者がいない場合の対応③ナンバーズ4

ナンバーズ4とは、好きな4桁の数字と申込タイプを選択することで、最大100万円の賞金が当たる可能性のあるくじとなっています。

ナンバーズ4の当選者がいない場合の対応方法に関しては、再抽選をすることになっており、毎回必ず当選者が出るという点が特徴です。

これは、ジャンボ宝くじのように当選者がいなければ救済措置もないという対応や、ロト6のようなキャリーオーバー制と比較して、シンプルで分かりやすい対応と言えるのではないでしょうか。

しかし、ナンバーズ4は1等の当選金額も低くなっているため、一攫千金は狙えないことは理解しておきましょう。

宝くじの当選者はいない訳ではないが、人数は極めて少ないことを理解しておこう

宝くじの当選者はいない訳ではないが、人数は極めて少ないことを理解しておこう

この記事では、本当に宝くじの当選者がいないのか?または種類別で宝くじの当選者がいない場合の対応について解説してきました。

ブログでは宝くじの高額当選者がくじ当選後の人生について記録していることもあり、宝くじの当選者が実在することは間違いありません。

また、宝くじの当選者がいない場合の対応に関しては、種類によって異なるので、この点は購入前に必ず確認するようにしましょう。

この記事が宝くじの当選者がいないと考えている方の参考になれば幸いです。