生活

足を組むのは態度が悪い?マナー違反といわれる理由とは?

足を組んでいると男性はかっこよく、女性はセクシーに見えることもあるので憧れのポーズという人もいるかもしれません。

しかし、足を組むのはマナー違反だといわれる場合もあるのです。

今回は足を組むことはマナー違反なのか、足を組む人の心理、足を組むのはできれば避けた方がいいシーンなどをご紹介していきます。

足を組むことはいけないの?マナー違反?

足を組むことは、マナー違反だとはっきりとはいわれていませんが、一般的にはあまりよくないと思われているようです。

昔の日本は椅子に座るという文化があまりなく、綺麗に足をそろえる正座が礼儀正しいといわれてきたからともいわれています。

確かに座っているときにあぐらをかくのは態度が悪いですから、椅子に座るときも足を組むという行為がいい印象を与えないのでしょう。

足を組むと靴の裏を見せることになりますし、姿勢も悪くなるので、余計に態度がよくないと思われてしまうのです。

海外では足を組んでもいい?

元々椅子の文化があるアメリカでは、足を組むことに抵抗はありません。
失礼にもあたりませんのでマナー違反ではないのです。

むしろ心を開いてラフに話し合いをしましょうというサインともいわれています。

テレビで首脳会談などの映像が流れたときに、アメリカのお偉いさんが足を組んでいることがありますよね。

しかしイギリスでは王室などが足を組むことはほとんどありません。

組むときは足首だけをクロスするのがマナー。
国によってマナーがこんなにも違うのです。

足を組む人の心理とは?

足の動きは心理が表れやすいという話もあります。

足を組む人の心理は、リラックス状態である場合もありますし、逆に真剣に考えているということもあるのだそう。
また足を組み筋肉がついていることや細いことを自慢したいという心理の表れであることも。

男性は自分を大きく見せたいと思っているときに足を組むこともあるといわれています。

女性はセクシーさをアピールしたい心理があることもあります。

ちなみにアメリカではラフに話したいというサインですが、日本では逆に心を開いていないというサインの場合も。

ちなみに何度も足を頻繁に組み替える人は、イライラしていたり、焦っていたりするのだそうです。

足を組んだとき右足が上にくる人は内向的、左足が上にくる人は外交的なんていう噂もありますよ。足の組み方を見れば、ポーカーフェイスの相手でも心理を読み取ることができるかもしれませんね。

足を組むと身体に悪い?

一般的に足を組むと身体がゆがんでしまう可能性があるため、あまりよくないといわれています。

骨盤がゆがむといわれており、ひどくなると背骨などにも影響してくることがあるのだそう。

「交互に組めば大丈夫。」と思っている人もいるかもしれませんが、バランスがとれるわけではなく、ゆがみを悪化させることもあります。

少しであれば問題ないですが、足を組むことがクセになってしまっている人は要注意。

足が疲れてしまったときは、適度なストレッチをしましょう。

足を組むのは避けたいシーンは?

足を組むことは、日本ではマナー違反だと思っている人が多いので、できれば組まない方がいいですが、特に気をつけたいシーンを見ていきましょう。

職場では偉そうに見える

一番気をつけたいのは仕事中。
ついついクセで足を組んでしまうことがありますが、偉そうに見えるという意見が多いのです。

特に取引先との商談や上司との打ち合わせなど、目上の人がいるときは絶対に足を組むのはやめましょう。

同僚や後輩でも真剣な話をしているときや相談を受けているときは、足を組みながら聞かれるのは、気になります。

つまらない話をしてしまったのかもしれない、もしかして気分が悪いのかもしれないと思うかもしれません。

足を組むだけではなくバタバタと動かすと、落ち着きのない人という印象も与えます。

職場ではデスクワークの場合はあまり見えませんが、姿勢が変化することで気づく人も多いのでクセになっている人は注意しましょう。

このように職場では足を組むことでデメリットが多くなるので、細心の注意をはらいたいところです。

電車の中は邪魔

電車の中で足を組むと、足の裏が隣の人や立っている人にあたってしまうことがあります。
相手の服や持ち物を汚してしまったら大変です。

足を組むことで場所も取りますから、座りたい人が座れなくなってしまうことも。迷惑行為となるのでやめましょう。

食事中はマナーが悪い

食事中に足を組むのは行儀が悪いと感じている人が少なくありません。

カフェやバーなどカジュアルな雰囲気の場所では許されるかもしれませんが、高級レストランやホテルなどでは気をつけましょう。

実は食事中に足を組むとデメリットも多いのです。

姿勢が悪くなってしまいますし、足を組むとテーブルと少し距離ができるので、食べ物を口に運ぶまでにこぼしてしまう可能性があります。

ソースやスープなどを垂らしてしまうのも恥ずかしいですよね。

さらに姿勢が悪いと内蔵にも影響することがあるので胃腸に負担がかかることも。美味しい食事が台無しです。

よく男性は女性が足を組み替える姿にドキッとしてしまうなんていう話も聞きますが、食事中にやってしまうと、せっかくのデートでもマナーがなってないと幻滅されてしまうかもしれません。

初対面では足を組まない方がいい

普段から親しい友人の前ではいいですが、足を組んでいると基本的には偉そうに見えるので、初対面の人と会うときは気をつけましょう。

靴の裏が見えることから、清潔感のない人なのでは?と思われてしまう可能性もあります。第一印象が悪くなるのは嫌ですよね。

足を組む以外にも職場では注意したいこと

足を組む以外にも、職場では気をつけたいビジネスマナーがあります。

足を組むのをやめると貧乏ゆすりをしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

忙しいときにリラックスさせるために貧乏ゆすりをしてしまうということが多いようですが、落ち着きのない印象を与えてしまいますし、周りの人は視界に入ると気になるので無意識でやっていないか注意しておきましょう。

また腕を組むのも威圧感を与えるのでしない方がいいでしょう。

他にも頬杖をつくのも印象がよくありません。

また頬杖をつくことで、ニキビなどの肌荒れの原因になることもありますし、最近では手にウイルスなどがついている場合も考えられるので、顔を触らない方がいいでしょう。
髪の毛を頻繁に触る行為もよくありません。

職場の人たちとは過ごす時間が長いですよね。何気ない仕草が周りの人を不快にさせていることがありますから、足を組む以外にも注意しましょう。

まとめ:足を組むクセは直そう

海外ではマナー違反とはいわれていない、足を組む行為ですが、日本ではあまりいい印象ではないことがわかりましたね。

特に職場では、偉そうな印象を与えることが多いので気をつけたいところです。

一度クセになるとなかなか直すのは難しいですが、意識するだけでも変わります。

身体にも悪影響を及ぼすこともあるので、クセになっている人は直した方がいいでしょう。

食事中なども無意識に足を組んでいる可能性があります。

カフェやバーならいいのではと普段からやっていると、いざというときにもクセが出てしまうかもしれません。

大事な取引先との会食や、結婚前に両親にご挨拶にいくときの食事会など、大切なシーンで足を組んで幻滅されないように、日頃から気をつけて過ごしましょう。