宝くじ攻略

必見!福バラ、福連、ぶっ通しで100枚購入は間違いなく宝くじ攻略の王道

ジャンボ宝くじには面白い買い方があることをご存知でしょうか?

普通に買うより福バラ、福連、ぶっ通し、なんて聞きなれない呼び名の買い方がありますが、これらを攻略してジャンボ宝くじをより一層楽しみ大きな当たりに近づきましょう!

福バラ、福連ってなに?どんな買い方?お得なの?

正確には福バラ100、福連100と言う呼び名です。

『100』に注目してもらいたいのですが、福バラ、福連は100枚1セットでしか買うことができません。

「そんな100枚もいらない」なんて人は気をつけてください。

なにせ値段が3万円もするので、その場の勢いで買ってしまうと後々生活費に困ってしまうこともあります。

福バラ、福連には決まりごとがあり、100枚の中に組が10種類、各組の番号の下2ケタが「00~99」で揃っています。

福バラ100について

福バラ100は組が「1組~100組」、番号の下2桁は「00~99」まで揃います。

福連100について

組は10組が10枚分、合わせて100枚で番号が「00~99」まで揃います。

とりあえず100枚買えば福バラ、福連なると勘違いして色々な売り場から10枚ずつ100枚揃えても福バラ、福連にはなりません。

ひとつの売り場から100枚同時購入しなくてはいけないので勘違いしないようにしてください。

しかも「100枚ください」と言っても気が利く販売員であれば福バラ、福連を出してくれますが、気が利かない販売員だと適当にジャンボ宝くじを10袋用意して渡されてしまうので、これでは福バラ、福連にはなりません…。

必ず福バラ、福連を指定して買うようにしてください。

福バラ、福連は下2ケタ「00~99」が揃う

さて福バラ、福連はどの辺がお得なのか説明していくと、下2ケタが必ず「00~99」になります。

2018年 年末ジャンボ当選番号

4等10万円下4ケタ9246
4等10万円下4ケタ7311
5等1万円下3ケタ823
6等3,000円下2ケタ13
7等300円下1ケタ2

「00~99」と言うことは100枚の中に下2ケタで当選する6等3,000円が入っているのです。(ジャンボ宝くじでも稀に6等2,000円の場合もあります)

下1ケタで当選する7等の300円が10枚入っているので最低保障6,000円は確保できる仕組みとなっています。

たかが6,000円されど6,000円です。

福バラ、福連を気にせず100枚買ってきて3,000円しか当選しないよりは2割バックなのでお得となるわけです。

もちろん100枚単位でジャンボ宝くじを買うわけですから高額当選の可能性も高まります。

何万円も買う予定があれば、うまく福バラ、福連をうまく利用してください。

ぶっ通しって?福バラ、福連より凄いの?

ぶっ通しって名前を聞いただけでもインパクトがありますが、その名の通り『ぶっ通し』です。

ぶっ通しについて

ぶっ通しとは100枚の番号が繋がっている連番のことなんです!

福連100と同じように感じられますが大きく違います。

福連100は10枚の連番が10セットで100枚、つまり組が違う袋が10セットと言うことです。

しかしぶっ通しは100枚全て同じ組で、なおかつ番号も続いているジャンボ宝くじなのです。

このふたつの違いは過去に普通の連番を買って、何番か違いで1等を逃してしまった人ならわかるハズです。

ぶっ通しなら取りこぼしがないので、一等前後賞付きで当たる期待値は大きくなってきます。

ぶっ通しも下2ケタ「00~99」が揃う

2018年 年末ジャンボ当選番号

1等7億円96組122234
1等の前後賞1億5,000万円1等の前後番号
1等の組違い賞10万円1等の組違い同番号
2等1,000万円135組186460
2等1,000万円29組197327
2等1,000万円93組131661
3等100万円3組195345
3等100万円3組139690
3等100万円4組193003
3等100万円7組111260
3等100万円9組161433

ぶっ通しのデメリットとしては、結局連番なので当選結果を見た瞬間にハズれていることが一目瞭然となってしまい、調べる楽しみが減ってしまいます…。

しかし上の1~3等と同じ組だとワクワクするのはもちろんの事、1等前後賞の期待感は高まりますね。
(1等の前後賞は122233と122235です。)

ぶっ通しで勝負したいのであれば福バラ、福連同様「ぶっ通しでお願いします」と販売員に言わなければ絶対に出てこない珍しい買い方なので、ぶっ通しが欲しい時は必ず販売員に言ってください。

しかし!このぶっ通しどこでも買えるわけではありません。

有名どころだと、西銀座チャンスセンター、大阪駅前第4ビル特設等かなり有名な大きめな宝くじ売り場でなくてはぶっ通しの扱いはありません。

どうしてもぶっ通しが欲しいのであれば長蛇の列覚悟で買いに行ってみてください。

福バラ、福連、ぶっ通し、どれがお好み?

3種類の違いが分かりましたが、どの買い方なら絶対に当たるとは言えません。

ただし高額当選する確率は他の買い方よりも高くなることは確かです。

全て3万円1セットで買えるので、あとはお好みとなります。

当選結果を1枚1枚見ていく楽しみを堪能したいのであれば福バラがオススメです。

どの組が当選しているのかワクワクしながら前後賞を狙って高額当選を果たしたいのであれば福連をオススメします。

ひとつの組に焦点を当てて、どの当選番号が来ても取りこぼしが無いようにしていきたいのであればぶっ通しがオススメです。

どれも一長一短はありますが、ジャンボ宝くじを攻略していく上で必要となってくる買い方です。

自分の好みと財布の中身と相談しながら抽選日までワクワクできるような自分なりの楽しい買い方をしていってください。

3つの買い方は高額当選を狙う買い方で、1年間のジャンボ宝くじ販売時期を知ってお金に余裕がある時期を知るのも1つの手です。

もし販売時期を知りたいなら以下で説明しています。

チャンスは何回?ジャンボ宝くじの種類や時期・年間スケジュールはどうなってる?

福バラ・福連・ぶっ通しで宝くじ攻略のまとめ

福バラ、福連、ぶっ通しはどれも3万円でGETできるものでしたが、それぞれの楽しみ方があります。

チャンスを逃したくなければ一度はチャレンジしてみてください。

ジャンボ宝くじの深さが良く分かる攻略方法ですよ!