初心者向け宝くじハウツー

初心者必見!ナンバーズの買い方を分かりやすく解説

ナンバーズは月曜日から金曜日まで毎日抽選しているかなり身近な数字選択式宝くじです。

でも買い方が分からないと手を出しにくいので、これさえ読めば今日からでも買えるくらいまでナンバーズのことがよーく分かるように教えちゃいます!

ナンバーズの買い方ってどうするの?

ナンバーズは数字選択式宝くじよねナンバーズは3桁と4桁を選ぶだけの宝くじです。

3桁の方が当たりやすいですが賞金額はやはり4桁の方が大きいのです。

ちなみに3桁のものをナンバーズ3、4桁のものをナンバーズ4と呼びます。

まずはナンバーズ3と4に共通していることを説明していきます。

宝くじ売り場に行くとナンバーズのマークシートが置いてあるので、お好きな方を取りA枠からE枠の枠を1口と考えて0から9まで好きな数字を3つ、もしくは4つマークしていきます。

ナンバーズの買い方・間違ったマークの仕方

1列にマークをするのはNG

この時、よくある間違えで気を付けたいのが、例えば789の数字を買おうと思った時にこのように一列にマークしてはいけません。

ナンバーズの買い方・正しいマークの仕方

マークの列を分けてチェックする

正しい買い方は7を1列目、8を2列目、9を3列目にマークしないと機械が読み込んでくれないのです。

ナンバーズの買い方でストレート、ボックス、セット、ミニって?

続いて理解しておかなくてはいけない買い方は、ストレート、ボックス、セット、ミニです。

先ほどの789を例えて説明していくとストレートは、そのまんま789でなくては当選ではありません。

ボックスは879、987など順番が変わっても選んだ数字が入っていれば当選です。
ただし当選金額はかなり低くなります。

しかし当選確率の幅が広がるのでボックスを選ぶ人も多くいるのです。

そしてセットですがストレートとボックスの半分づつ良いとこ取りをして、当選金額も半分となってしまいますが、789のストレートで当選した場合、ストレートの半分とボックスの半分の金額をGETとなります。

最後にミニですが、このミニはナンバーズ3にしか存在しません。

ナンバーズ4にはないものなので買い方に注意が必要です。

ミニはナンバーズ3の下2桁をピタリと当てると当選確定となります。

確率としては1/100なので割と当たりやすいのではないでしょうか。

申し込み用紙の書き方は1列目は何もマークせず2列目からマークをしていくのですが、3列全てマークしてしまうと、ただのナンバーズ3になってしまいます。

このようにナンバーズには色々な買い方があるので自分の好みに合わせて大きく狙うもよし、手堅く狙うもよし、毎日楽しむことができます。

ナンバーズの買い方・チャレンジカードってなに?

日付指定か継続か便利な申し込み用紙

ナンバーズのだいたいの買い方は分かったとは思いますが、なぜか宝くじ売り場にはナンバーズだけ申し込み用紙が半分くらいのものが備え付けられています。

ロト6やロト7には見当たらないのになぜ半分のサイズの申し込み用紙が置いてあるのでしょう。

秘密は毎日抽選に隠されていたのです。

しかもこの申し込み用紙はかなり使えるものでチャレンジカードと呼ばれ特殊な買い方ができるのです!

今まで説明したナンバーズの買い方もできるのですが、それ以外に10日先までの日付指定買いが可能となる申し込み用紙です。

なので1週間に1回しか買いに来られないような人は、継続5回にしまうと同じ数字を5日間も購入するはめになってしまうので、日付指定をして買うことにより毎日違う数字を楽しむことができます。

ただし普通の申し込み用紙とは違い数字は1口分しかマークできないので、5日間ナンバーズを楽しみたいのであれば5枚申し込み用紙が必要となります。
(継続と日付指定は併用できません)

クイックピックで買うのであれば5枚申込用紙を用意して日付をずらして買ってください。

他にも2次会などのパーティーでクイックピックでランダムに選ばれた数字を日付指定をして、当日配るなんて楽しみ方もあります。

チャレンジカードで作ったナンバーズはパーティーで人数が多ければ多いほど盛り上がれるのでビンゴ大会をするよりも面白いので重宝されています。

まとめ

ナンバーズのことをよく理解できたでしょうか。

初めは自分の車のナンバーや電話番号などで、お好きな数字を買ってみるといいでしょう。

ナンバーズがもっと分かるようになってきたら、自分で予想を立てて買ってみてください。

予想通りの数字がピタリと当たった時の喜びはかなり大きいものとなります。

ぜひナンバーズにチャレンジしてみてください。