宝くじ攻略

スクラッチで10万円当てた私が見つけちゃった意外な3つの法則を教えます

スクラッチってどうしても運次第なところが多い宝くじですが、何か当たる法則さえ見つけられれば、もしかしたら大きな金額をゲットできるかもしれませんね!
(ちなみに今回紹介する、ある方法で10万円GETしたのです。)

私が見つけた当たる3つの法則を公開しちゃいます!

ユメ
ユメ
当たる法則を特別に教えるわ

ドリ
ドリ
今まで全国とブロックについて知ったんですが、他に当たる方法があるんですか?
ユメ
ユメ
そうよ、以外と知られてない事ね
法則だけど、あくまでも私が過去に体験した出来事よ
ドリ
ドリ
その法則実践してみたいです(ワクワク)

スクラッチの法則1 地道に末等以外の当たりを引く!

すごく地道な作業とはなりますが、なぜかはわかりませんがスクラッチは末等以外の当たりが1ヵ所に集中して入っています。

1ヵ所に集中して入っているという表現よりは、10枚入りの袋の束の1束に集中しているということです。

スクラッチは宝くじ売り場に納品されたら、販売員の手により、上から10袋ずつまとめられ100枚束にしてから販売が開始されます。

本当になぜかはわからないのですが、例えば10袋の束中のうち1袋購入して1万円とか当選しているスクラッチが入っていた場合、他の残り9袋の束には末等ではない当たりのスクラッチが入っていることが多いのです。

誰もどこに当たるスクラッチが入っているか、なんて分からないのに私の経験上では末等以外のスクラッチの袋があった近辺にある別のスクラッチが当たりやすいと感じています。

これは機械でスクラッチを選別して袋詰めしている時の偏りと考えられますね。

当たるスクラッチを手に入れる法則としては、なかなか使える法則なのではないでしょうか。

ドリ
ドリ
そんな法則あったんですね!!!

ただひとつの宝くじ売り場にあるスクラッチを全部買い占めたとしても、大きな当たりが入っていないこともあるため、毎日闇雲に購入するのではなく気が向いた時に10枚1袋を購入します。

もし1万円でも当たったら、当たるスクラッチの束と考えて「上から何番目」なんて指定はせず、スクラッチを上から順番に購入していくと、また当たることが多いのです。

ドリ
ドリ
と、とりあえず試してみるしかないですね

少し小さな当たりとなりますが、実際経験したこととしては、10枚1袋購入したら3,000円が当選しました。

その勢いでもう10枚購入してみたら今度は5,000円が当たったのです。

気分が良くなりもう1度購入してみると1,000円の当たりと同じ束の中から総額9,000円もの当たりが続けて当選しました。

ドリ
ドリ
メモメモ…

ただスクラッチはどんなに光を当てても透けて見えるわけではありません。

とりあえず最初の取っ掛かりとして、地道にスクラッチを購入していくしかありません。

家に大事に持って帰って削ってしまうと、大きな当たりが入っていたスクラッチでも、時間差で別の人が購入してしまうので、出来る限り宝くじ売り場の端っこで削ってみましょう!

ドリ
ドリ
質問があります!
ユメ
ユメ
ドリ
ドリ
削るとカスがでるんですが
ユメ
ユメ
それも説明するわ

スクラッチを削る時は当たる当たらないは関係なしに削って出た削りカスは綺麗にして送るのがマナーです。

ドリ
ドリ
やっぱりマナーがあるんですね

スクラッチの法則2 ブロックくじを狙おう!

ブロックくじとは地域限定で発売されている宝くじのことです。

スクラッチにもブロックくじが存在していて、全国一斉発売のスクラッチよりもブロックくじの方が、より狭いエリアのため当たる確率が高くなってきます。

これもひとつの法則と考え、狙いをブロックくじの1等賞金が低いものを購入するようにしましょう。

いくら最近宝くじの販売枚数が昔よりも落ちて売れなくなってきたとはいえ、全国で発売されているものよりも当たりやすくなっています。

ブロックくじ、しかも当たりの入っていた束を狙って購入することが1等を当てるためには必要となってくる法則です。

最近宝くじ売り場ではブロックくじ、全国くじが同時に販売されています。

しかしどのスクラッチがブロックくじなのか、1等がいくらで何本入っているか分かりやすくなっています。

以前、初心者でも安心!スクラッチの当てる方法を説明でもブロックくじの方が3等の当たり本数が多いと話しましたが

スクラッチを購入する時はじっくりと見比べてから購入することがオススメとなります。

スクラッチの法則3 残り福は本当に福を呼ぶ!

残り福という響きは「ただの売れ残りでしょ」と感じてしまいますが、これも実際体験したお話で、残り2袋で片方を購入してみたら10万円が当たりました。

他の販売員も残ってしまった別のスクラッチを数枚購入してみたらなんと見事に10万円が当選!

1枚だけ購入した販売員は1,000円当選と残り物には福がある法則は立証されました。

残り福の買い方はやっぱり閉店間際がベストです!

ドリ
ドリ
そういえばスクラッチが販売されるとダッシュで買ってました。

販売終了日の朝から残り福を求めて購入をしに行っても、ただのスクラッチを購入すると何ら変わりがありません。

本当の残り福は閉店ギリギリまで売れ残ってしまったスクラッチです。

しかしほとんどが閉店よりずっと前に売り切れてしまいまうので、手に入れることは難しいかもしれません。

ですが運よく残っていたら絶対に即買いです!

残り福も当たる法則として頭に入れておいてください。

まとめ

スクラッチが当たる法則はいくつかありましたが、やっぱり運次第の面も大きいです。

しかしこの法則を実践してみることにより、今までなかなか当たらなかったスクラッチの当たる確率は上がってきます。

やらないよりは試しにやってみて大きな当たりを出してくださいね!

今回はスクラッチ10万当てた3つの法則でしたが、実は1等50万円も当選してるのです。
夢で白蛇を見たら宝くじを購入するという事ですが、実体験を元に注意事項も書いています。

宝くじ高額当選を夢見ているなら是非知っておいてほしい事なので良かったら以下もご覧ください。

夢で白蛇を見たらスクラッチ1等50万円とロト6の4等がQPで当たった!